青森旅行 〜2日目・奈良美智 A to Z展〜

2006年08月08日 23:59

やはりアナタ‥ヘルメット?

いやーきょうはきあいはいっちゃうよ! たっちしちゃいますよ ←@ホテル

キレイだったなー

ならねぷた!

あの絵よかったよね!

暑いけどゴキゲン@吉井酒造煉瓦倉庫

湿度が低くて木陰は快適

快晴

みんな思い思いのことしてます

かいじゅうを抱きながら撮ってみた会場出口付近の休憩エリア。酒瓶ケースに久々に座ったなあ

とりあえずむしる

初めて芝生に座っちゃった娘。この後見知らぬおねえさんに突進していったのであえなく捕獲

体力あるねーおねえさん

たのしかったのだ!


朝っぱらからホテルの朝食でも叫んで立って気合をみせた娘。2日目は市内で開催中の奈良美智さんの個展「YOSHITOMO NARA + graf A to Z」へ。同氏の故郷弘前での個展は3回目のようです。'02もとてもよかったけれど('05は気づかなかった‥)、今回は更に更によかった!! 素晴らしかったです。楽しかったしたくさん刺激をもらいました。

ダイナミックさと繊細さの交じり合った、あの空間はどうやって表現したらいいのか!? とにかく細部まで凝っていて、おもしろくて、かわいくて、驚かされて。元酒蔵の中は、いくつもの小屋が点在する奈良さんワールドの「町」になっていました。廃材を使った木材のきしむ音、白ペンキに裸電球。たくさんの階段に、たくさんの窓。すべてを見透かされそうな少女の大きな瞳に釘付けになりながら、美しく淡い色彩を堪能してきました。ゲストアーティストの人々の作品もかなり素晴らしかったです。青森まで行ける方はぜひ!! 後悔はしないはずです。

‥といってもこんな風に感じることができたのは会場に着いてだいぶ経ってからの話。
ベビーカーは乗り入れ禁止のため、はじめは夫が眠る娘を抱っこして入ったのですが、汗だくで起きる、重い、密着してお互い暑い。酒蔵には空調がなく無風! 飲食禁止!(笑) このままでは湯たんぽのような赤子の生存が危ういと感じた私たちは、交代で観ることに。まずは夫に行ってもらいました。
私は、なんとか少し風が通る出口付近にてベビーカーにマオを乗せ、パンフで扇いで待機。やれやれ一安心かな。

‥が、でました。「ッキャーッ!!」‥元気かよ! はしゃいでるかよ! しかもなんかくさいよ!

この忙しいのに、でちゃいましたお通じ。敷地の隅にあるトイレにて、ベビーカーに乗せたままなんとかオムツ替え。赤子体験者の方にはおわかりかと思いますが、ベビーカー上でパンツ型オムツのうん○ょ処理はなかなか厳しいオーダーなのです。しかもドカンときました。(汚くてスイマセン) トイレ自体はシンプルだけどこれまたかわいい小屋で、便器のU字便座と土台の色を変えてたりして(ベビーピンクと水色!)「なるほど、これいいね」なんて思ったのですが、超暑いしマオは汗流してるし、早々に脱出しました。

充実の任務を終えて木陰に座っていると、先に観終えた夫が帰ってきました。そして改めて、私はひとりで再入場。

赤子がいるとなかなか入り込めず、集中できない! ゆっくりじっくりなんて程遠いのかしら‥と遠い目にななりつつ、早足で観終えると出口付近の休憩エリアには楽しげな夫と娘。あらー、まだまだゴキゲンかよ! スバラシイ! ためしに芝生にはじめて座らせてみたところ、ひたすら芝をむしっていました。チクチク感、気にせず?


      ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


夕飯前に駅近で雑貨屋を経営する夫のイトコのお店に寄り、見事「はに丸&ひんべえ風」playmobilをその笑顔でいただいてしまった娘。よかったねぇ。ひとつあると集めたくなっちゃうんだよな。

猛暑&野外疲れで「フゥ〜」モードの父母をよそに、やっぱり元気にはしゃぎモードの娘でした。そしてやっぱり夜はまあまああっさり撃沈。フゥ〜。

かなりの余談ですが、現在サーティーワンで実施中のステキなキャンペーン。「うめー!」と食べていたのもつかの間、なんと下段のビックサイズのほとんどを地面にオダブツさせるという大失態をおかしたマオ母。
ショックは計り知れないものがありました。ぐるぐるどっかーん!!





archive:アーカイブ

2007年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


link:リンク

  • クリックよろしく!


pr:広告


無印良品ネットストア
みんなの定番「ムジ」ですが、我が家でも大活躍です。いつも使う物なんかはネットで買っちゃうと便利ですよ。
バナー
BABIESRUS
そろそろオムツ切れてないですか?ネットで買っちゃえ。